今っ更ですが、

結局2000年以降これを超える国内盤にはお目にかかってないなーと再認識しましたので報告いたします。

タイトルやアートワークを含めてすべてが正真正銘の名盤。